盆提灯やお盆のことをわかりやすく解説しています。
盆提灯がよくわかる

盆提灯の購入前に知っておきたいこと

盆提灯の種類

家に飾る盆提灯には、上から吊るすタイプと下に置くタイプの2種類があります。
盆提灯の役割としては、どちらも同じ意味合いを持ちます。
盆提灯には家に飾るもの以外に、手に持つタイプのお迎え提灯といわれるものがあります。これはお墓に先祖の霊を迎えにいくときに使用するものです。

吊るすタイプの盆提灯には、御所提灯(ごしょちょうちん)、御殿丸(ごてんまる)、住吉などがあります。
代表的なものは御所提灯で、岐阜提灯(ぎふちょうちん)ともいわれます。岐阜県特産の美濃和紙を使用して作られたことから、この名が付きました。
御所提灯の価格は、火袋の素材(和紙、絹)や口輪の素材(木、プラスチック、紙)等によって決まります。
新盆用の白提灯も御所提灯の一種です。

御所提灯と新盆用白提灯
御所提灯・新盆用白提灯の通信販売

置くタイプの盆提灯には、回転行灯と大内行灯(おおうちあんどん)が代表的なものとしてあります。
回転行灯は、明かりを灯すと、火袋の中に取り付けた回転筒の絵柄が回って見える盆提灯です。
回転行灯の多くは、足の素材がプラスチック製で、火袋も和紙を使用しているため、価格はそれほど高くはありません。
回転行灯には、棚の上の飾れる霊前灯という小型のものもあります。

回転行灯と霊前灯
回転行灯・霊前灯の通信販売

大内行灯は、足が木製で作られた高級タイプの盆提灯です。
火袋に絹を使用したものも多く、火袋の形状にも一重のものと二重のものがあります。
また、洋間のリビングにも合う現代調の新型行灯もあります。

大内行灯と新型行灯
大内行灯・新型行灯の通信販売

御所提灯も大内行灯も、どちらも家の家紋を入れるタイプのものがあります。
家紋入り盆提灯の場合には、家紋を入れる製作期間として2週間くらい必要となります。

家紋入御所提灯と家紋入大内行灯
家紋入り盆提灯の通信販売

盆提灯の火袋の種類

盆提灯の明かりが灯る部分を火袋(ひぶくろ)といいます。
盆提灯には火袋に絹を張った製品と、紙を張った製品とがあります。
一般に、絹張りの製品は光りが通過しやすく明るい雰囲気で、紙張りの製品は幽玄な雰囲気となります。
絹張りには二重張りの製品があり、内張り・外張りの二重の火袋となり、より柔らかい光りのイメージとなります。

盆提灯の選び方

家に飾る盆提灯には、上から吊るすタイプと下に置くタイプの2種類があります。
どちらのタイプも盆提灯としての意味合いは同じですので、お飾りする部屋の形状に合わせて選びます。
最近は場所が狭い家庭が多いので、小さくて良いものを飾る傾向にあります。
飾る数に決まりはありませんので、狭い場合は一つでも二つでもよいでしょう。

吊すタイプも置くタイプも、素材やつくりの違いで価格が異なります。
盆提灯は宗派による違いはありませんので、ご予算に合わせて、お好みの盆提灯を選べばよいでしょう。
新盆の家では、初めて帰ってくる故人の霊が迷わないための目印として、新盆用の白提灯を飾ります。
新盆用の白提灯は、ひとつあればよいので、身内の方が用意します。

盆提灯の販売店

盆提灯を取り扱う販売店としては、人形店、仏壇店、デパートなどがあります。
それぞれの店の特色としては、人形店は、ひな人形・五月人形などと同様、季節の際物として盆提灯を扱っています。
仏壇店は、先祖や故人を供養する仏具として盆提灯を扱っていますので、年間を通して購入することができます。
デパートは、贈答品としての要素が強いようです。
価格としては、納入業者が売上の中から場所代を納めなければなりませんので、デパートが一番高いようです。高いのを承知でデパートに行かれる方は、よく価格を比較してから購入することが大切です。

盆提灯は消耗品ではありません。
供養の心を伝える大切なお供え物ですから、信頼できるお店で購入したいものです。
盆提灯の販売店として信頼できるお店は、規模には関係ないものです。大きくて有名なお店が必ずしも良いとは限りませんし、小さくて無名であっても満足できるお店はたくさんあります。
良いお店に共通していることは、細やかな気配りがあり、誠実な対応をしてくれることです。
次に、店員がお盆の習わしなど、仏事のことに幅広い知識を持っていると安心できます。
また、むやみに高い盆提灯をすすめるのではなく、自分の予算に見合った盆提灯をすすめてくれるお店が良い販売店といえるでしょう。

盆提灯・仏壇仏具の通信販売

盆提灯・仏壇仏具がご自宅で購入できる、便利なネットショップです。ぜひ一度は見に来てください。