盆提灯やお盆のことをわかりやすく解説しています。
盆提灯がよくわかる

盆提灯のいろは

大内行灯
大内行灯
大内行灯(おおうちあんどん)は、床置き用の盆提灯で、メーカーによっては単に行灯と呼ぶ場合もあります。
現在、最も広く使われている盆提灯で、3本足の上に火袋があり、上部に雲手を付けたものをいいます。
大内の名前の由来は不詳ですが、大内が皇居内裏を指すことから、大事な場所に置く行灯という意味で名付けられたといわれています。
御所提灯
御所提灯
壺型の吊り提灯のことで、岐阜提灯と呼ぶこともあります。
切子灯籠
切子灯籠
切子灯籠(きりことうろう)は、角を落とした多面体の火袋を持ち、下部に紙などを垂らした吊り灯籠をいいます。
浄土真宗では白紙・赤紙・紺紙を使用した切子灯籠をお盆の時に用います。
御殿丸
御殿丸
御殿丸(ごてんまる)は、吊り提灯の一種で、球形の火袋を持ち、手板と下輪に房を付けたものをいいます。
住吉
住吉
住吉(すみよし)は、円筒形の長い吊り提灯のことをいいます。
博多の住吉町で使われはじめ、現在では九州をはじめ茨城県などの北関東で主に使われています。
博多長
博多長
博多長(はかたなが)は、上部の手板の両脇と下輪から房を垂らした、長い吊り提灯のことをいいます。
博多で使われはじめ、現在では九州地方北部を中心に使われています。