盆提灯やお盆のことをわかりやすく解説しています。
盆提灯がよくわかる

お盆について

お盆とは

お盆は旧暦の7月15日を中心に行われる先祖供養の儀式で、先祖の霊があの世から帰ってきて、家族と共にひとときを過ごし、再びあの世に帰っていく、という日本古来の祖霊信仰と仏教が結びついてできた行事です。

お盆は正式には盂蘭盆会(うらぼんえ)といいます。
盂蘭盆とは、古いインドの言葉「ウラバンナ」の音訳で、「逆さまに吊るされたような苦しみ(地獄の苦しみ)」という意味です。
この地獄の苦しみを受けている人々に対して、この世から供養することの功徳によって、その苦しみを救いたいという願いを込めて営まれるのが盂蘭盆会です。
お盆には、先祖の霊が一年に一度家に帰ってくるといわれており、その霊を迎え、安らかに成仏してほしいという祈りと、生前のご恩に対する感謝の気持ちを込めて供養します。

故人が亡くなって四十九日の忌明け後、初めて迎えるお盆を新盆といいます。
新盆は、故人の霊が初めて帰ってくるお盆なので、家族や親族のほか、故人と親しかった方を招いて、特に手厚く供養を営みます。
菩提寺の住職に来ていただき、法要をお願いする場合も多いです。

現在、日本各地で行われているお盆の行事は、古くからの農耕儀礼や祖霊信仰などが融合して伝わった風習が多く、地域や宗派によってさまざま違いがあります。
その意味では、これが絶対正しいお盆の迎え方という決まりはありませんが、一般の家庭では、家族や親戚が集まり先祖の霊を迎え、今の自分があるのは先祖のおかげと感謝供養する行事として行われています。

お盆の期間

お盆の期間は地域によってさまざまです。
東京では7月13日から7月16日、その他の地方では8月13日から8月16日に行われ、8月のお盆のことを旧盆とか月遅れのお盆といいます。

明治以前は、日本のどの地方でも旧暦の7月15日を中心に、13日に迎え盆、16日に送り盆を行っていました。しかし今では、8月15日を中心にお盆の行事をする地方が多くなりました。
これは、明治になって新暦が採用されると、7月15日では、当時国民の8割を占めていた農家の人たちにとって、最も忙しい時期と重なってしまい都合が悪かったからです。それで、お盆をひと月遅らせ、ゆっくりと先祖の供養ができるようにしたわけです。

お盆の準備

お盆の前日までに、先祖の霊を迎える準備をします。
精霊棚(しょうりょうだな)・盆棚や仏壇に、灯明、線香、生花、果物などのお供え物、精進料理を供えた霊供膳(仏膳)などを供えます。
盆提灯を飾ってお盆のしつらえをします。
新盆の場合は、新盆用の白提灯を忘れずに飾ります。
お盆を迎えるにあたって、お墓や仏壇の掃除を事前に済ませておくことも大切です。

お盆のスケジュール

【7月(8月)の1日〜11日】「お盆の準備」

  • 菩提寺への依頼(棚経・卒塔婆)
  • 盆提灯、精霊棚の用意
  • お参りの方へのお返し品の用意
  • お墓、仏壇仏具の掃除
  • 線香、ローソクの用意

【12日】「お迎えの準備」

  • お供え物、お花の用意

【13日】「迎え盆」

  • 位牌を仏壇から精霊棚に移し、お供え物を整えます
  • お墓参り
  • 夕方、迎え火を焚き、盆提灯にも明かりを灯す

【14日・15日】「お盆の供養」

  • 精霊棚にお供え物を欠かさず供えます
  • 棚経
  • お盆の法要
  • 家族親戚が集まり一緒にお参りします
  • 家族全員で会食

【16日】「送り盆」

  • 夕方、送り火を焚く

【17日】「後片付け」

盆提灯・仏壇仏具の通信販売

盆提灯・仏壇仏具がご自宅で購入できる、便利なネットショップです。ぜひ一度は見に来てください。